前へ
次へ

日本のインターナショナルスクールとは

インターナショナルスクールは世界中に存在しますが、日本にも存在します。法令上の定義等は存在しませんが、基本的には英語により授業が行われて、外国人の生徒をメインに対象とする教育施設になっています。しかしグローバル社会が根付いてきた事も背景にあり、日本人の子供も入学するケースがあります。インターナショナルスクールに入学するメリットは、外国人と小さい時から触れ合う機会を持てる事と、英語で授業をするので、自然と英語力を向上させられます。ネイティブな環境で英語を親しんだ子供は、発音等も自然とネイティブに近づいていきますから、非常に効率的な教育を受けさせる事ができます。しかしインターナショナルスクールに子供を入学させる時に、都道府県知事の認可を受けている学校と無認可の学校が存在するので、認可を受けている学校を利用した方が安心です。その他にも色々なルールが存在しますから、実際に子供をインターナショナルスクールに通わす時は、事前に親御さんが徹底的にルールを調べる事が求められます。

Page Top